パソコン・タブレットのお困りごとは powertec.jp Powertec三重パワーテック

up723.zip ファイルをDL します。
※ 64bit環境の方でも極力32bit版を使用して下さい。

 

ランタイムのインストール

 

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ(x86)
Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ(x64)
Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム ※同一ページにx86x64両方ありIA64のものは不要

 

Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x86)
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x64)
Microsoft Visual C++ 2008 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム

 

Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)

 

※32bit環境の人は(x64)は不要です
※64bit環境の人は(x86)を使用したソフトも使う可能性があるので、(x86)(x64)両方インストールしておきましょう
※上記はTVTestのみでなく、TvRock、EpgDataCap_Bon、Spinel、BonCasLink等すべてに対応できるランタイムリストです
 自分が必要なソフトとランタイムを把握している場合、すべてをインストールする必要はありません
※必要のないランタイムをインストールしてしまっても問題ありません
 つまり、よく分からない場合は全てインストールして問題ありません

 

この他にMicrosoft .NET FrameWorkも必要となることがあるので、WindowsUpdateでインストールを済ませておきましょう
以上で下準備は完了です。

 

TVTestを使用するためのランタイムをインストール ← PX-W3PE導入方法で既にインストール済みの場合はこの手順は不要です
 Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム
 ※TVTestがx86版なのでvcredist_x86.exeを使用してください

 

こちら からup0625.zip(BonDriver_PX_seriesのPX-W3PEのBonDriver)をダウンロード
以下のものをコピーまたはドラッグアンドドロップして、
  ダウンロードしたTVTestの「TVTest.exe」と同じフォルダに入れる。

 

「TVTest.exe」を起動。「初期設定ダイアログ」を終えると視聴できるはずです

 

もし、チャンネルスキャンしても、画面が真っ暗の場合は、ここから2503080.zip(Sc_361300.zip)のファイルをDLしてup00800.zipをdesktop上で展開する。

 

展開したフォルダの中の FakeWinSCard.dll を WinSCard.dll にリネームする

 

WinSCard.dllをTVTestフォルダの中に移動する。

 

TVTest.exeを起動する前にTVTest.iniを削除しておく。

 

TVTest画面の右クリックで設定をクリック

 

一般ー>カードリーダーの項 “なし(スクランブル解除しない)”になっているところを “スマートカードリーダー” に変更

 

TVTest画面の下のエラー情報 D0/E0/S000となるはずなのでチャンネルを違うチャンネルに切り換えると最初に音声、続いて画像が映ります。